八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

故宮良氏の功績称える 顕彰碑に氏名刻む

「赤馬節」などを演奏し、宮良氏の顕彰碑への刻印を祝う会員ら=21日午前、バンナ公園南口

「赤馬節」などを演奏し、宮良氏の顕彰碑への刻印を祝う会員ら=21日午前、バンナ公園南口

八重山古典音楽安室流協和会

 八重山古典音楽安室流協和会(平田清会長)はこのほど、同会の名誉師範で2012年3月に亡くなった故・宮良長定氏(享年86歳)の名前をバンナ公園南口の八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑付近にある八重山古典音楽顕彰碑に刻印し、21日午前、現地でお披露目式を行った。

 宮良氏は安室流協和会の第5代会長を務め、工工四に唄の音位を挿入する取り組みや後輩の指導強化などを行ってきた。

 平田会長は「協和会の礎を築いてきた宮良先生の功績は大きい。顕彰碑に刻印することで後世に残し、八重山古典音楽の発展につなげていきたい」とあいさつした後、会員が「赤馬節」と「鷲ぬ鳥節」「鶴亀節」を演奏し、宮良氏の功績をたたえる刻印を祝った。

  • タグ: 宮良長定安室流協和会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム