八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「9条生かし平和の構築を」 戦争体験の継承訴え

森正孝氏の講演を聞く人たち=21日夕、石垣市健康福祉センター検診ホール

森正孝氏の講演を聞く人たち=21日夕、石垣市健康福祉センター検診ホール

森氏が講演 「尖閣棚上げ論」を評価

 戦後70年を考える講演会(同実行委員会主催)が20日夕、石垣市健康福祉センターであり、講師を務めた元静岡大学平和学講師の森正孝氏は「戦争体験がない国民が全国民の80%以上になっている」と指摘、戦争体験の継承の大切さを訴えるとともに、「力をもって力に対抗する抑止論は20世紀の論理。憲法9条に凝縮された英知を生かした新しい世界の構築を目指すべきだ」と強調した。

 会場には市民50人余が来場。森氏は満州事変からのいわゆる「15年戦争」に触れ、「戦争が次の戦争の原因となっている。その史実を繰り返し、伝える努力が必要」と述べた。

 尖閣諸島をめぐる問題については「棚上げ論」を評価。中国の軍事力の大幅な増大については「軍事費の大幅な伸びは急激な経済発展によるもので抑制的」などとして、中国脅威論をけん制した。

地図
  • タグ: 戦後70年を考える講演会森正孝
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム