八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

登野城 アコウ木の下、あがろうざ節響く

長女の羽花ちゃんと一緒に舞台に上がり、「あがろうざ節」を歌い上げる宮城拓矢・奈美子さん夫婦=20日夕、登野城

長女の羽花ちゃんと一緒に舞台に上がり、「あがろうざ節」を歌い上げる宮城拓矢・奈美子さん夫婦=20日夕、登野城

聴衆も歌声にうっとり

 登野城5町内会(豊川雅行会長)の第8回「マフタネーぬアコウ木ぬ下 あがろうざ節を唄う集い」が20日夕、登野城のアコウ木の下の緑地で開催され、約30組が出場した。同集いは登野城に伝わる子守唄「あがろうざ節」を歌い継ぎ、世代間の交流を図ることが目的。

 與那國久枝八重山おどり稽古道場の子どもたちによる舞踊「あがろうざ節」で幕開け。舞台には、親子の出場者や民謡や三線などの同じ教室に通う門下生のグループなども登場し、それぞれの「あがろうざ節」を響かせた。

 宮城拓矢(33)・奈美子さん(34)夫婦=伊野田在住=は生後5カ月の長女、羽花(わか)ちゃんと一緒に出場し、奈美子さんは「2年前は2人だけの出場だったが、あがろうざ節は子守歌なので、子どもが生まれたら、また出場してみたいと思っていた」と話す。羽花ちゃんは拓矢さんの腕に抱かれながら、2人のあがろうざ節を気持ち良さそうに聴いていた。

 日が沈み、日中の暑さも和らぐに連れて、会場に集まる市民や観光客も増えていき、出演者らの歌声に聴き入っていた。

 豊川会長は「今年も多くの参加者と来場者でにぎわっている。10回、20回と続けていきたい」と述べた。

  • タグ: 登野城5町内会あがろうざ節
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム