八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

多彩な競技、ひたむきに汗

スラロームなど多彩な競技を行った第4回八重山地区障がい者スポーツ大会=20日午前、市営陸上競技場

スラロームなど多彩な競技を行った第4回八重山地区障がい者スポーツ大会=20日午前、市営陸上競技場

障がい者スポーツ大会に250人

 第4回八重山地区障がい者スポーツ大会(八重山地区障がい者文化・スポーツ振興会主催)が20日、石垣市中央運動公園陸上競技場で行われ、約250人が出場した。大会は、障がい者スポーツの振興を図り、障がい者の自立と社会参加を推進するのが目的。

 開会式で、手をつなぐ会会員の山田善丈さん(22)は「私たちはスポーツ大会を最後まで頑張ります」と力強く選手宣誓。この後、身体・精神・知的の3部門に分かれて車イスのスラロームや50㍍走、ソフトボール投げなど多彩な種目を行った。

 同振興会の大濵守哲会長は「未来を切り開いていける強い気持ちを持てるよう、今日一日は頑張る気持ちをいつもより少し出していきましょう」と呼び掛けた。

 車イスのスラロームに出場した中村学さん(47)は「ずっとこの競技をやってきた。来年もいい成績を残せるよう頑張りたい」と語った。

  • タグ: 八重山地区障がい者スポーツ大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム