八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

各地で海神に祈り 中・西合同が総合8連覇

大勢の観客が見守る中、「上がり」で8連覇を達成した中・西合同中二組のこぎ手ら(手前)=19日午前、石垣漁港

大勢の観客が見守る中、「上がり」で8連覇を達成した中・西合同中二組のこぎ手ら(手前)=19日午前、石垣漁港

石垣市爬龍船競漕大会

 海神に豊漁と航海安全を祈願する本年度の石垣市爬龍船競漕大会(同実行委員会主催)が旧暦5月4日の「ユッカヌヒー」の19日、浜崎町の石垣漁港で行われ、ウミンチュらがカイさばきを競った。東一、東二、中・西合同の3組対抗で行われた本バーリーは、中・西合同が「御願」「転覆」「上がり」を制し、総合8連覇を達成。中二組は「上がり」で8連覇した。この日は白保や伊原間、竹富町西表島白浜や小浜島細崎、与那国町久部良でもハーリーが行われ、岸壁は熱気に包まれた。

 109回大会のハーリーとなったこの日、平日にもかかわらず大勢の市民や観光客、漁業関係者が会場を訪れ、最高気温が33度を超える暑さのなか、勇壮なハーリーに歓声を上げた。

 大会は午前8時にウミンチュによる舟そろえ(スネー)で幕開けし、開会式で上原亀一大会長(八重山漁協組合長)は「航海安全と豊漁を祈願し、海神祭の継承につなげたい」とあいさつした。

 中・西合同中二組の渡辺直由さんは「正々堂々と戦うことを誓います」と力強く選手宣誓。

 本バーリーでは、中・西合同西組が「御願ハーリー」2連覇、同中一組が「転覆ハーリー」を4年ぶりに制した。大会を締めくくる「上がりハーリー」では同中二組が他組の追随を許さず、8連覇を果たした。

 中二組の1番エークを8年間務める渡久山朝秀さん(36)は「序盤からリードする自分たちの勝ちパターン。最初の折り返しで勝利を確信した。メンバーはベテランぞろいで落ち着いて展開できた」と話した。

 同組の宮良当育委員長(53)は「こぎ手が全力を出した盤石のレース運びだった。前人未到の12連覇を目指したい」と意欲。

 会場では、各組の関係者と女性部がパーランクーやドラを打ち鳴らして声援。

 開会式のアトラクションでは、各組の女性部と新川小や真喜良小、八島小の児童らが踊りを披露した。

 団体やマドンナ、中学校対抗、水産関係、に今大会から実施の壮年の部を合わせた144チーム・1440人が出場した。

地図
  • タグ: 石垣市爬龍船競漕大会ハーリー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム