八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

各漁港は大勢の観客 団体は川良山グループ

2年ぶり2回目の優勝を果たしたNFS川良山グループのメンバー=19日午後、石垣漁港

2年ぶり2回目の優勝を果たしたNFS川良山グループのメンバー=19日午後、石垣漁港

 ユッカヌヒー(旧暦5月4日)の19日、八重山各地でハーリーが行われ、海人の祭典を一目見ようと、各漁港には大勢の観客が詰め掛け、色鮮やかなそろいのTシャツを着た出場者らでにぎわった。ハーリーが始まると、ゴール前では応援の人たちがつかんでは引き寄せる動作を繰り返し、サバニを少しでも早く迎えようと声援を送った。サバニのこぎ手たちは波しぶきを上げながら力いっぱいエークをこいだ。

 団体ハーリー決勝では、頭一つ抜け出したNFS川良山グループが2位の黒潮に約3秒の差をつけ、2年ぶり2回目の優勝を果たした。

 1週間毎日練習してきたという平良俊明監督(47)は「決勝は予選より10秒縮めることができた。チームの持ち味のターンがうまくいった」とレースを振り返った。

 西里進主将は「昨年負けたのが良かった。ハーリー伝統のストローク漕法で練習してきた。8月の名護ハーリーでも優勝できるようまた練習に励みたい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム