八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

106個のヤシの実流す 渥美半島観光ビューロー

「やしの実流し~愛のココナッツメッセージ~」で106個のヤシの実を流す参加者ら=19日午前、鳩間島沖(石垣市観光交流協会提供)

「やしの実流し~愛のココナッツメッセージ~」で106個のヤシの実を流す参加者ら=19日午前、鳩間島沖(石垣市観光交流協会提供)

鳩間島沖

 愛知県の渥美半島観光ビューロー(旧田原観光協会)は19日午前、「やしの実流し~愛のココナッツメッセージ~」を行い、同ビューローの関係者やヤシの実を購入した石垣市民ら合わせて30人余りがミス八重山とともに鳩間島沖で106個のヤシの実を海に流した。島崎藤村の叙情詩「椰子の実」にうたわれる「名も知らぬ 遠き島より 流れよる 椰子の実ひとつ」の「遠き島」を石垣島に見立てて行っており、28回目。

 同ビューローによると昨年流したヤシの実102個のうち、和歌山県串本町と長崎県佐世保市に1個ずつが流れ着いた。西表島にも1個流れ着いている。

 一行は石垣港からチャーター船で鳩間沖に向かい、出発式で中山義隆石垣市長は「潮の流れに乗って石垣と渥美をつなぎ、強い絆ができている」とあいさつ。田原市産業振興部の實井正樹技監は「あと2年で30周年。記念イベントのアイデアも出てきており、実現に向けて頑張りたい」と述べた。

 石垣市観光交流協会の高嶺良晴会長は「昨年初めて対面式に出席した。夢のある素晴らしい取り組み」と語った。

  • タグ: やしの実流し渥美半島観光ビューロー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム