八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

熱帯びる海人ら

分かしハーリーに備え、軽めの練習で汗を流す中1組の漁業者ら=15日午前、石垣漁港

分かしハーリーに備え、軽めの練習で汗を流す中1組の漁業者ら=15日午前、石垣漁港

ハーリーまであと3日

 ユッカヌヒー(旧暦5月4日)の19日に開かれる石垣市爬龍船競漕大会に向け、石垣市内の漁港では各組の漁業者や職域ハーリーに出場するチームが練習に励んでいる。

 このうち、浜崎町の石垣漁港では当日の出漕を決める16日の「分かしハーリー」を控え、中1組の漕ぎ手は軽めの調整をした。

 中1組の漕ぎ手は9人が26~31歳の若手。7年ほど前から世代交代を図り、3年前から現在のメンバーで漕いでいる。

 普段の練習は午前、午後各2時間の計4時間。ひたすらカイを漕ぎ続けるという。三度の食事もハーリー小屋で取り、チームワークを高める。

 1番エークを務める假屋園栄作さん(31)は「去年の分かしは途中まで勝っていたが、焦って自滅した。今年は落ち着いて臨みたい。分かしで勝って、上がりに出場したい」と抱負を述べた。

 中1組の金城茂正委員長(54)は「転覆出場が長く続いている。今年は漕ぎ手がそろっている。上がりを取れるメンバー」と期待を込めた。

 中・西合同チームの出漕を決める「分かしハーリー」は、16日午前10時から石垣漁港で行われる。

  • タグ: 石垣市爬龍船競漕大会ユッカヌヒーハーリー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム