八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

最優秀賞45人が挑戦 八重山古典民謡コン公開審査

初日は最優秀賞の45人が審査に臨んだ八重山古典民謡コンクール=12日午前、市民会館中ホール

初日は最優秀賞の45人が審査に臨んだ八重山古典民謡コンクール=12日午前、市民会館中ホール

 第41回八重山古典民謡コンクール(八重山毎日新聞社主催)の公開審査が12日、石垣市民会館中ホールで始まった。初日は過去最多の63人が挑戦する最優秀賞の部の審査が行われ、このうち45人が緊張した面持ちで課題曲の「越城節」(本調子)や「月ぬまぷぃろーま節」(二揚)などを歌い上げた。

 コンクールは正確な八重山古典民謡の伝承普及を図るとともに、優れた新進唄い手を発掘し、後進を育成するのが目的。

 今年は奨励普及賞に11人、新人賞55人、優秀賞63人、最優秀賞63人の計192人が応募。審査は音程やリズム、発音の正確度や調弦、三線の技法などで合否を判定する。

 13日は午前9時30分から最優秀賞46番以降と新人賞の1番から55番までの審査を行う。合格者発表は14日の全部門審査終了後に行う。

地図
  • タグ: 八重山古典民謡コンクール公開審査
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム