八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ウミンチュの仕事を体験 久部良中が恒例の洋上学習

海上で漁師の仕事を体験した後、魚をさばく久部良中学校の生徒たち=11日、与那国町漁協セリ場

海上で漁師の仕事を体験した後、魚をさばく久部良中学校の生徒たち=11日、与那国町漁協セリ場

前盛さんは38㌔ガーラ釣り上げる

 【与那国】久部良中学校(東濵一郎校長・生徒8人)の生徒が11日午後、漁船に乗り込み、沖合で魚を追う漁師の仕事に触れた。総合的な学習の一環で行った洋上学習で、20年ほど前から続いている恒例行事。与那国町漁協所属の船主らが船を提供し、生徒と教職員、保護者らが7班に分かれ乗船し、カツオやシイラ、ローニンアジ(ガーラ)など合わせて154㌔余りを釣り上げ、海洋資源の重要性について理解を深めた。

 この日の海上は風が強く、ほとんどの生徒が船酔いに悩まされ、海の仕事の厳しさを体感。

 海上では、漁船の船長が大きなうねりの中で魚を追い、生徒たちは時には足を踏ん張ってさおを引いた。魚がかかると船内には大声が飛び交う。

 38㌔のローニンアジを釣り上げた2年生の前盛美和さんは「立てないほどうねりがあった。引きが強く、一緒に乗っていた人に手伝ってもらった。貴重な体験」と振り返った。

 3年の男子生徒は「1年のときは船酔いしたが、今年は大丈夫だった。でも、釣れなかった。海は厳しいね」とコメント。

 生徒たちは2時間ほどで帰港し、水揚げした魚を解体。包丁を握り、漁師に教わりながら作業を行った。

 将来の漁業について意見交換もあり、漁業者からは「他校にはない貴重な体験だ。続いてほしい」といった意見が出た。

  • タグ: 久部良中学校ウミンチュ体験
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム