八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

沖縄、梅雨明け

昨年より15日早く梅雨明けした沖縄地方。石垣島は真夏を思わせる青空が広がった=11日午後、市役所通り

昨年より15日早く梅雨明けした沖縄地方。石垣島は真夏を思わせる青空が広がった=11日午後、市役所通り

昨年より15日早く

 沖縄気象台は11日、沖縄地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より12日、昨年より15日それぞれ早い。同気象台は「沖縄地方は太平洋高気圧に覆われておおむね晴れており、向こう1週間も晴れて暑い日が多くなる」と話している。

 梅雨期間は5月20日の梅雨入りから22日間で、平年45日間のほぼ半分となり、統計開始以来歴代3番目に短かった。

 梅雨期間中の降水量も石垣島では平年を下回ったものの、西表島、与那国などでは上回った。最も多かった地域は川平の252㍉だった。

 真栄里ダムの貯水率は梅雨入り後のまとまった雨で66%台まで回復。しかしその後晴天が続き、11日時点では60.9%と減少傾向にある。

 一方、この日も9カ所の観測地点で30度を超す真夏日を記録。石垣市伊原間では32.6度と県内で一番の暑さとなった。

  • タグ: 沖縄気象台梅雨明け
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム