八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

香港テレビ局 シカゴ国際映画祭で受賞

シカゴ国際映画祭のテレビ部門で金賞となったRTHKの番組「華人移民史(日本編)」の場面

シカゴ国際映画祭のテレビ部門で金賞となったRTHKの番組「華人移民史(日本編)」の場面

番組で八重山台湾の交流描く

 ことしのシカゴ国際映画祭のテレビ部門で、香港の公共放送局、ラジオテレビ香港(RTHK)が八重山・沖縄と台湾の交流をテーマに制作した番組「華人移民史(日本編)」が「ミニシリーズ」と呼ばれる分野の審査で最高位の金賞を獲得した。

 番組は昨年1月に香港で放送し、全編40分余りのうち、石垣島について20分ほどを割き、台湾人2世のマンゴー農家、島田長政さん(70)やパイン農家の東金三さん(63)へのインタビューを交えながら、台湾から八重山に移り住んできた人たちの暮らしを紹介。

 石垣島から日本統治下の台湾へ渡った人たちも取り上げ、八重山と台湾の間にある深いかかわりを描いている。

 台湾系の若者たちが「龍の舞い」を披露する様子や八重山台湾親善交流協会の活動にも触れている。

 石垣島での取材は2013年7月に行われた。

 プロデューサーの陳卓玲(チャン・チョックリン)氏は「毎年受賞者がいるわけではない賞だけに、うれしい。香港の視聴者のなかには、自分で石垣島や沖縄を訪ねてみたいと思っている人もいる」と話している。

  • タグ: 台湾人2世八重山台湾親善交流協会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム