八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

沖縄地方が11日、梅雨明けした。…

 沖縄地方が11日、梅雨明けした。平年より12日、昨年より15日早い。八重山地方は5日からリュウキュウクマゼミが鳴きだし、19日にはハーリー鐘が鳴り、いよいよジリジリと暑い夏に突入する▼石垣島地方気象台によると石垣島地方の梅雨期間(5月20日~6月10日)中の降水量は176.5㍉と、平年より15.1㍉少ない。しかも、その内の90%が、梅雨入り直後の6日間で記録。残りの16日間の降水量は1日の17㍉だけと、降雨が偏り、「水不足解消」には程遠い▼真栄里ダム管理事務所によると、ダムの貯水率は11日正午時点で61.1%。昨年が5月末時点で満水だっただけに、夏場に向け水不足への不安が残る率だ▼一方、農業用ダムの底原ダムの貯水率は同日午前10時30分時点で52.6%。昨年11月末の37%からは回復したが、今後の降水量によっては農業用水の使用に影響が出る可能性も▼例年、梅雨明け後の降雨は「台風」がもたらすまとまった雨に頼るところが大きい。だが、台風は大量の雨をもたらす半面、農作物や住民生活に大きな影響を及ぼすもろ刃の剣だ▼石垣島地方は、これから9月にかけ観光客の増加とともに、水の需要が大幅に増す。台風が来ずとも、厳しいと予想される夏場の水事情を乗り切れるよう、普段からの節水が大切だ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム