八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

支援策、週末にも説明

要請に訪れた西表島さとうきび生産組合の組合員ら。刈り取り終了後に残るサトウキビの買い取りを求めた=9日午後、町長室

要請に訪れた西表島さとうきび生産組合の組合員ら。刈り取り終了後に残るサトウキビの買い取りを求めた=9日午後、町長室

竹富町「要請に沿って詰めたい」

 西表製糖に搬入するサトウキビの刈り取りを25日までとしている西表島さとうきび生産組合(山城富正組合長)が同日までにすべての刈り取りを終えるのは難しいとして、残ったサトウキビの買い取りを求めている件で、川満栄長町長は9日午後、要請に訪れた山城組合長らに、近く支援策を打ち出す考えを明らかにした。

 町農林水産課によると現在、具体的な支援策を詰めており、週末にも組合側に伝えるとしている。

 西表製糖は3月19日、町発注の工場の完成が遅れたため、当初予定から約2カ月半ずれ込んで操業を開始。これに伴い、操業終了日が大幅に延びた。

 同組合によると、5月以降、熱中症の発症など健康を害する事例が多発、来期の植え付け準備もあることから、組合員からは早めの刈り取り終了を希望する声が上がっていたが、工場の産糖量を考慮し、町や西表製糖も交えた3日の緊急会議で、工場に搬入するサトウキビを25日の刈り取り分までと決めた。

 山城組合長は要請で「農家としても刈り取りたい気持ちはあるが、このままだと危険。来期の準備もあるので早く終わらせたい」と訴えた。

 川満町長は「生産農家が真心を込めてつくったサトウキビなので、断腸の思いで(搬入期限の)線引きをしたと思う。(買い取りという)補償はできないが、線引きを尊重し、要請に沿った支援策を詰めたい」と応えた。

 工場によると、今期サトウキビは予想収量が当初の8000㌧から9000㌧に増えており、9日午前の段階で7000㌧が搬入された。あと2000㌧が収穫されていない。

 工場側は当初計画の8300~8500㌧の搬入を希望しており、要請に同席した同製糖の赤嶺穣総務部長は「販売先に迷惑をかけたくない。農家は大変だと思うが、搬入をお願いしたい」と要望した。

  • タグ: 西表製糖
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム