八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

出勤途中に友人の親とすれ違った。ドキッ!

 出勤途中に友人の親とすれ違った。ドキッ!とした。認知症を発症したと聞いていたからだ。「おばさん」と声をかけると、「久しぶりだね~」との声が返ってきた▼「大丈夫だ」と思いつつも、気になる。悪いと思ったが、別れたあとにUターンして後をつけた。車をゆっくり走らせ、自宅に帰るのを確認してから会社へ向かった▼かなり以前の話だが、認知症の親がいる友人が「普通の仕事ができない」と嘆いていた。母親が外出すると家に戻れず、街をはいかいするらしい。「体は元気だから、どこまでも歩く」と言い、昼夜問わず、外出した親を家族総出で探すことも▼先日、「認知症SOSネットワーク」が発足した。認知症の高齢者などが行方不明になった場合、石垣市地域包括支援センターが、警察や消防、コンビニなどに情報を提供し、連携して捜索を行うという▼石垣市で認知症として介護認定を受けている人は1213人いるという。その数倍もの家族の心労は大きい。最近は老々介護の人々も増えており、妻や夫がはいかいすると疲労困憊(こんぱい)してしまう▼認知症を患う家族がいる世帯の精神的負担は大変なものがある。昔は隣近所の人が認知症の人を連れ帰ってくれた。強固な地域サポートがあったのだ。今後の認知症SOSネットワークの機能発揮を期待している。(黒島安隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム