八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「あやぱに」と命名 高校生発見の小惑星

正式に命名された小惑星「あやぱに」(石垣島天文台提供)

正式に命名された小惑星「あやぱに」(石垣島天文台提供)

昨年の星まつりで名称公募

 昨年の南の島の星まつり2014(同実行委員会主催)のイベント「美(ちゅ)ら星に名前をつけよう」で選ばれた小惑星の名前「あやぱに」が正式に命名された。2日発行された国際天文学連合の「小惑星回報」で公表された。

 この小惑星は2008年8月に美ら星研究体験隊に参加した開邦高校1年(当時)の大濵彩音さん(現在・駒澤大学文学部4年)が石垣島天文台のむりかぶし望遠鏡で発見したもの。

 発見から5年後の昨年9月に小惑星番号が登録され、命名権を取得。大濵さんの「みんなで沖縄らしい名前をつけてほしい」という希望で昨年の星まつり企画として名前を公募していた。

 5日午前、市民会館中ホールで開かれた南の島の星まつり2015実行委員会で石垣島天文台の宮地竹史所長は「これまでに『せいしか』や『むりかぶし』など石垣島にちなんだ名前が五つ付いており、大変めでたいことだ」と喜んだ。

  • タグ: あやぱに小惑星
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム