八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

住民「早急に改善して」 市は対応する考え示す

石垣市消防本部の川平・伊原間両出張所の救急搬送業務再開を求める意見が相次いだ市民防災訓練に関する課題検討意見交換会=3日夜、市健康福祉センター

石垣市消防本部の川平・伊原間両出張所の救急搬送業務再開を求める意見が相次いだ市民防災訓練に関する課題検討意見交換会=3日夜、市健康福祉センター

市消防の救急搬送業務停止

 石垣市消防本部の川平・伊原間両出張所で救急搬送業務が停止している問題で、3日夜、市健康福祉センターで開かれた市民防災訓練に関する課題検討意見交換会では、住民側から改善を求める意見が相次いだ。中山義隆市長は「なんとか(搬送)できる方法を考えて前に進めたい」と述べ、早急に対応策を模索する考えを示した。

 吉原公民館によると、2日夜に地域住民の救急搬送があったが対応が遅く、仲松浩次館長は「助かる人間も助からなくなる。早急に改善してほしい」と訴えた。

 元消防長で双葉公民館の前木秀靖館長も「市民サービスの大変な後退。救急救命士が増えて出張所に配置されてストレッチャーや酸素があるのに、待機せざる得ないストレスは大変なものだ」と改善を求めた。

 中山市長は「法規的に(2人体制で救急車を運用することは)難しいかもしれないが、法律を守って命を守れなければ意味がない。これまでできていたことができなくなり、目の前で待たされているいら立ちの部分も感じている」と理解を示した。

 そのうえで「最終的に3人体制にすればできるが、早めに対応できるようにしたい。それまではなんとか(搬送)できる方法を考えて前に進めたい」と述べた。

  • タグ: 石垣市消防本部救急搬送業務
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム