八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

イーグルスドームでPR 仙台で初の誘客キャンペーン

イーグルスドーム入り口に設置されたブースで竹富町の観光をPRするピカリャ~=5月30日午後(町観光協会提供)

イーグルスドーム入り口に設置されたブースで竹富町の観光をPRするピカリャ~=5月30日午後(町観光協会提供)

竹富町観光協会

 竹富町観光協会(上亀直之会長)は5月29日から31日の3日間、楽天Koboスタジアム宮城・イーグルスドームで開かれた「オール沖縄ショーケースin仙台2015」(主催・オール沖縄プロジェクト組織委員会、共催・楽天球団)に合わせて、イーグルスドームの入り口にブースを設置し、誘客キャンペーンを行った。同協会が仙台市内で誘客キャンペーンを実施するのは初めて。

 3日間で7万7434人の来場者があり、同事務局では今回の結果を踏まえて球団側と協議し、9月にも実施できないか調整していく。

 イーグルスドームは、楽天Koboスタジアムに隣接するイベント会場。キャンペーンには「やなわらばー」や仲田まさえさん、琉球國祭り太鼓宮城支部、ゆいまーる宮城エイサー会などが登場し、沖縄と東北出身のアーティストによるライブなどを開催。

 竹富町観光大使の加治工敦さんは楽天・巨人戦のオープニングで国歌を斉唱。町のマスコットキャラクター「ピカリャ~」も楽天マスコットキャラの「クラッチ・クラッチーナ」とともに球場を盛り上げた。

 加治工さんは同29日には、地元FM局のFM仙台にも出演した。

 町観光協会の上亀会長ら5人がブースの運営を行い、沖縄の物産を販売したり、観光パンフレットを配ったりした。

  • タグ: 竹富町観光協会誘客キャンペーン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム