八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市文化財審 フミダカーラの炭酸塩堆積物

石垣市文化財審議会が指定することを決めたフミダカーラ流域のトゥファ(多孔質の炭酸塩堆積物)。写真は滝状のトゥファ=1月9日午後

石垣市文化財審議会が指定することを決めたフミダカーラ流域のトゥファ(多孔質の炭酸塩堆積物)。写真は滝状のトゥファ=1月9日午後

豆石状のトゥファ(市教委文化財課提供)

文化財指定へ全会一致

 石垣市文化財審議会(石垣博孝委員長、委員10人)は29日午後、石垣市教育委員会で第1回会議を開き、市教委から諮問のあった崎枝地区のフミダカーラ流域にある「トゥファ」と呼ばれる多孔質の炭酸塩堆積物の指定を全会一致で決定した。トゥファ内部には、気候の経年変化などに影響されるしま状組織が確認でき、環境変遷を知る手がかりとして注目されている。同流域の「トゥファ」は県内最大規模といわれ、非常に貴重とされる。

 指定範囲内は市有地のため、関係各課から同意を得て答申案を作成した後、市教委に答申する方針。

 フミダカーラ上流は屋良部岳南側の中腹から南南東へ流れており、豆石状や滝状などさまざまな形態のトゥファがあるほか、源流域に宮良層の石灰岩が分布している。

 トゥファに詳しい東田盛善委員は「川の長さは約430㍍。上流から下流にかけて連続して(トゥファが)観察できるのは他にはない特徴」と話す。

 会議ではまた、事務局が「(仮称)石垣村の星見石」を指定候補の物件として提案。現地の視察を行ったうえで指定に向けた作業に入ることになった。

 さらに①民俗②歴史③史跡・名勝④天然記念物―の専門部会も設置。関連する案件が諮問された場合、全体会とは別に会議を開き、答申書の作成や調査研究などを行う。

 委員の改選では、石垣委員長と石垣久雄副委員長を再任した。

  • タグ: 石垣市文化財審議会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム