八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

10年ぶり60億円台突破 好調な八重山観光が背景

設備運転別の融資実績

設備運転別の融資実績

金融公庫八重山支店融資実績

 沖縄振興開発金融公庫八重山支店(古堅宗俊支店長)の2014年度の融資実績が前年度を16億3700万円上回り、2005年以来10年ぶりに60億円台を突破し、61億6000万円となった。好調な八重山観光を背景として新規創業が堅調。設備投資は建設業を筆頭に増加し、13年度の約2倍に当たる約42億円と急増し、融資全体の68%を占めた。同支店では「管内経済は活況を呈し、企業の設備投資マインドは旺盛。インパクトのある問題がないかぎり、短期的には高水準で推移する」(古堅支店長)とみている。

 14年度の融資実績は606件で61億6000万円(前年度487件45億2300万円)。そのうち設備投資が41億9100万円(同20億800万円)だった。

 なかでも建設業の設備投資は8億4500万円で、前年度を7億4400万円上回る大幅な伸びとなった。観光関連工事に加え、公共工事の発注も増えており、同公庫では「今後の受注機会を見越して、億単位の機械購入など積極的な投資が増えている」と分析。

 一方で、人件費や建設資材の高騰が要因となり、「規模の大きい設備投資を考えていても、二の足を踏むケースもあった」と述べた。

 好調さを下支えしている観光業については「需給のバランスを取ろうとする民間の設備投資の動きはあるが、オーバーフロー状態ではないか」と指摘し、「宿泊施設の整備や景気に左右されない高所得者をターゲットにした高品質のブランド化を進め、どんな時代でも一定の客が来る地域を目指してほしい」と、省力化や高付加価値のサービスの創出に期待した。

 業種別の融資額は飲食、宿泊業が9億500万円(同2億3900万円)、建設業10億9600万円(同5億7800万円)、マリンレジャー関連事業者など生活関連サービス、娯楽業は5億8100万円(同2億7800万円)だった。

  • タグ: 沖縄振興開発金融公庫八重山支店融資実績
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム