八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

不法投棄防止に向け看板を製作 来月から市内各所に設置

できあがった不法投棄防止看板を掲げる児童ら=28日午後、富野小中学校

できあがった不法投棄防止看板を掲げる児童ら=28日午後、富野小中学校

デザインは富野小中の児童 石垣市

 石垣市は富野小中学校(宮良信浩校長)の児童たちの描いた不法投棄防止ポスターを基にした看板56枚を製作した。環境月間の6月1日から市内各所に設置することにしている。市は同校の全児童8人を対象に「ごみ」をテーマとした環境学習を1月に行い、児童たちは不法投棄の現場視察や石垣市のごみについて学習した。ポスターはその一環で描いたもの。

 環境課生活環境係の富浜公雄係長は「今後の石垣市の不法投棄対策に活用したい。不法投棄の現場や市民から要望のあった場所へ設置したい」と述べた。

 同校正門前では28日午後、看板製作報告会が行われ、児童を代表して比嘉海七斗(みなと)君(小2)が「ぼくたちの絵が選ばれてびっくりした。みんなで、ごみの捨て方を考えて、森も動物もうれしくさせたいです」と述べた。

 宮良校長は「この機会に環境問題について考えてもらいたい。子どもたちの描いた絵にあるように、石垣市から地球へ、ごみのない世界が広がるといい」と期待した。

 同課では、今後も各小中学校と連携して環境学習の拡充を図りたい考え。

地図
  • タグ: 不法投棄防止富野小中学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム