八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

建設地周辺で磁気探査 新八重山病院建設地で県

新県立八重山病院が建設される予定の旧石垣空港跡地。建設地以外でも磁気探査が行われることになった=27日午後、旧石垣空港跡地

新県立八重山病院が建設される予定の旧石垣空港跡地。建設地以外でも磁気探査が行われることになった=27日午後、旧石垣空港跡地

開院後の影響回避へ

 旧石垣空港跡地内の新県立八重山病院建設地の周辺で、県が不発弾の磁気探査を実施することになった。県防災危機管理課によると、建物の中心となる部分から半径300㍍余の範囲内で予定している。この範囲内で不発弾を処理すれば、範囲外で見付かっても新病院は避難の対象とならず、開院後の影響を回避することができるという。

 旧空港跡地は、1943年6月に旧海軍飛行場として建設され、戦時中に爆撃を受けており、同跡地で行われている県道石垣空港線(新空港アクセス道路)の工事では今年1月に米国製250㌔爆弾1個、3月に米国製50㌔爆弾1個が見つかっている。

 3月18日夜に行われた処理作業では、処理現場から半径288㍍が避難対象で、市消防本部のほか新病院の建設地も含まれていた。

 跡地の開発・利用に伴って今後、不発弾が発見される可能性があることから、八重山市町会(会長・中山義隆石垣市長)や市議会は「病院建設後に周辺で不発弾が発見された場合、患者の移動や立ち入り制限を余儀なくされ、安全確保や医療体制の機能維持が保たれなくなる」として県に要請、翁長雄志知事も前向きな姿勢を示していた。

 県防災危機管理課は27日、八重山毎日新聞の取材に「実施に向け調整している」と説明、中山義隆市長は「県の迅速な対応はありがたい」と話した。

 同課によると、実施時期や実施部署は調整中。実施範囲は、空港跡地以外でも半径300㍍余に入っている箇所があり、私有地もあることから市側とも調整を進めている。

 八重山の医療を守る郡民の会の宮平康弘会長は「敷地外でも磁気探査をやらないと、新病院ができた後も安心した治療ができない。問題はどこがやるか。病院事業局からお金を出すと、新病院の機能に影響する。不発弾処理は戦後処理の一環として処理し、病院会計に負担がないようにしてもらいたい」と要望する。

  • タグ: 新八重山病院磁気探査
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム