八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新たな観光商品販売へ 体験型「竹富島島学校」

竹富町観光協会総会で、離島での長期滞在型観光商品の創出と今後の観光事業について述べる上亀直之会長(奥)=22日午後、大浜信泉記念館

竹富町観光協会総会で、離島での長期滞在型観光商品の創出と今後の観光事業について述べる上亀直之会長(奥)=22日午後、大浜信泉記念館

竹富町観光協会 個人客に光り当てた形に

 竹富町観光協会(上亀直之会長)は本年度、離島での長期滞在型観光商品の新たな目玉として竹富島の文化や歴史、自然を楽しむ体験型商品「竹富島島学校」の販売を開始することになり、22日午後、大浜信泉記念館で開いた通常総会で発表した。同協会は「地域住民と団体、行政の連携で観光客の受け入れ態勢を強化したい」として、個人客にスポットを当てた観光商品の構築を目指す。

 「竹富島島学校」は2012年に販売を開始した西表島島学校に続く商品。集落散策や踊り、わらべ歌、集落内で行われる朝の清掃や染め物・民具作り、ナイトツアーなどで構成する3コース。2泊3日の日程で民宿に泊まる。対象は中学生以上。価格は石垣港発着で1人3万8560円。

 役員改選で会長に再任された上亀会長は「離島観光は団体から個人客へとシフトしている。島の特性を生かした独自商品で宿泊型観光へ移行させたい」と意気込む。

 総会では、一括交付金事業を活用した広報宣伝事業や会員拡大、「ピカリャ~」グッズの販路拡大、行政とタイアップした観光関連事業の展開も確認した。

  • タグ: 竹富島島学校竹富町観光協会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム