八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

機動救難士が発足 11管石垣航空基地

11管石垣航空基地に配置された機動救難士ら=15日午後、石垣航空基地ヘリポート

11管石垣航空基地に配置された機動救難士ら=15日午後、石垣航空基地ヘリポート

漂流者救助訓練も

 第11管区海上保安本部石垣航空基地(大河内克朗基地長)は15日午後、同基地で機動救難士の発足式を行い、救難士が訓練の様子を披露した。海上にいる漂流者を救助するとの想定で行われ、ヘリから降下した救難士がメインローターの風圧の中、漂流者を確保、ヘリにつり上げた。

 発足式で第11管区海上保安本部の長谷川義明本部長は「第11管区が管轄する海域は東西1000㌔、南北500㌔と広大。チームの連携はもとより、基地職員とも連携することが必要不可欠」と激励した。

 大河内克朗基地長は「与那国に津波注意報が発令した時も万一に備え、ヘリに同乗し、出動した。機動救難士は訓練だけで出動はない方がいいが、いつでも出動できる体制でいる」と話した。

  • タグ: 石垣航空基地機動救難士
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム