八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

6号機の運転開始 沖縄電力

12日から運転を開始した6号機(沖縄電力提供)

12日から運転を開始した6号機(沖縄電力提供)

電力安定供給で増設

 沖縄電力は12日から、石垣第二発電所の6号機(出力1万8000㌔㍗)の運転を開始した。2028年までの電力供給計画に沿ったもので、第2発電所内のガスタービン発電所の2機を合わせた8機(出力8万6000㌔㍗)で石垣島系統の電力供給を担う。

 昨年1月から6号機の増設工事を開始、振動を吸収する対策を取り、同年11月にエンジン(260㌧)を搬入していた。

 石垣島の発電所からは島内のほか竹富、小浜、黒島、西表、新城、鳩間、由布島の周辺離島に電力を供給している。

 約543.86㌔平方㍍をカバーし、今年3月末現在で約2万5000世帯、約5万2000人に供給している。

 一方、沖電は今年3月から、ホテル日航八重山西側にある石垣発電所の3機を休止している。

  • タグ: 沖縄電力6号機
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム