八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

海保と消防が合同訓練

3段ばしごなどを駆使して要救助者をつり上げる消防隊員=13日午後、市消防本部

3段ばしごなどを駆使して要救助者をつり上げる消防隊員=13日午後、市消防本部

転落車両想定、本番さながら

 石垣海上保安部(宮﨑一巳部長)と石垣市消防本部(大工嘉広消防長)は13日、消防本部で本年度第1回の合同訓練を実施、20㍍のロープ渡過などの体力訓練や、崖下に転落した車両から中にいる人を救助する訓練を行った。海保から巡視艇「なつづき」の五嶋誠船長ら8人、消防から17人が参加した。

 2008年に締結された「救助技術に係る相互協力に関する覚書」に基づく訓練。連携強化や救助技術の向上を目的に、年5回行っている。

 転落車両からの救助訓練では、消防は3段ばしごや要救助者の体を固定するバックボード、バスケット担架などを駆使して救助。海保は、狭くて救助スペースを確保しづらい崖下に0歳児を連れた父親が転落したとの想定で、潜水士4人が訓練を行った。

 訓練後、消防で訓練を担当する阿利義三第3警備係長は「本年度初の訓練。体力訓練などいい雰囲気で実施できた。残り4回の訓練に弾みがついた」と総評。五嶋船長は「消防の渡過技術、高所のつり上げ技術など学ぶところが多かった。訓練をともにして救助技術を高めたい」と語った。

地図
  • タグ: 合同訓練石垣海上保安部石垣市消防本部
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム