八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

自衛隊配備に向け調査へ 中山市長、左藤防衛副大臣と面談

中山義隆石垣市長と面談した左藤章防衛省副大臣(左)=11日午後、市長室

中山義隆石垣市長と面談した左藤章防衛省副大臣(左)=11日午後、市長室

調査に協力「情報をオープンに」

 石垣島への自衛隊配備に向けて防衛省の左藤章副大臣は11日午後、石垣市役所で中山義隆市長と面談し、「石垣にも(部隊配備を)検討できるかどうか調査させてほしい」と協力を要請した。中山市長は「国防、安全保障に対しては協力体制は取っていきたいが、配備計画については情報をオープンにしていただき、市民の声を聞きながら判断させてほしい」と述べ、調査に協力する考えを示した。

 南西諸島の防衛強化は中期防衛力整備計画(2014~18年度、中期防)に基づくもので、防衛省は奄美大島での警備部隊配備を決定。宮古島への配備も具体化しており、石垣島での調査も中期防の一環。

 面談で左藤副大臣は「尖閣諸島の領海侵犯が日常的に発生し、自衛隊機の緊急発進も過去2番目の多さになるなど緊張感が深まっていることもあり、この辺(先島諸島)への部隊配置を考えざるを得ない」と、理解を求めた。

 調査については「何カ所か候補地はあると思うが、インフラ面なども調査させていただき、その結果を市長に報告したい。地元の理解が一番なので丁寧に説明し、市議会や行政の判断をいただく手順がいいかと思っている」と述べ、市側の判断を重視する考えも示した。

 中山市長は安全保障への理解と調査に協力する考えを示した上で「調査は市民に不安や混乱がないように配慮してほしい」と要望。陸自警備部隊配備計画の報道に触れ、「調査の結果や成果物ができたときは連絡してほしい」と情報提供を求めた。

 左藤副大臣と中山市長の面談は同日午後1時20分すぎから20分ほど市役所市長室で報道陣に公開して行われた。面談後半の5分ほどは「個人的な雑談」として非公開だった。

 防衛省は中期防に沿って奄美大島に18年度までの陸自警備部隊の配備を決定。宮古島への具体的な配備計画も左藤副大臣が同日午前、下地敏彦宮古島市長に説明した。

 副大臣は同日正午すぎに石垣入りして中山市長と面談し、同3時すぎに石垣島を後にした。

  • タグ: 自衛隊配備左藤防衛副大臣
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム