八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ゴーヤ苗を無料配布 ゆらてぃく市場

八重山調理師会のゴーヤを使った料理を試食する人々=8日午前、ゆらてぃく市場

八重山調理師会のゴーヤを使った料理を試食する人々=8日午前、ゆらてぃく市場

料理試食会に長い列

 「ゴーヤーの日」の8日、JAファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」(本若展充店長)は八重山農林高校の生徒が育てたゴーヤ苗の無料配布や八重山調理師会によるゴーヤ料理の試食会を行った。

 八重農は各学科で4月10日に苗を植え、500鉢を用意。グリーンライフ科3年の米盛英博君は「もらった人の笑顔が見たいと思って育てた。家で愛情を込めてゴーヤをつくり、体に栄養を届けてほしい」と話した。石垣保育所(西表ますみ園長)の3、4歳児30人は、園庭や各家庭で植えようと苗を持ち帰った。

 同調理師会は生春巻きやサラダ、ケーキ、ジュースなどゴーヤを使った料理10品を100食ずつ用意し、約30分でなくなる人気ぶり。我那覇幸子さん(77)=石垣市美崎町=は、東京に住む息子と孫にゴーヤを送ろうと訪れ、「白あえ、ビーフンとのサラダがおいしかった。ゴーヤで飲み物や天ぷら、あえ物をつくってみたい」と舌鼓。一緒に来た長女(54)は「(ゴーヤには)いろんなアレンジの仕方があることが分かった。緑のカーテンとしても育てたい」と感想。

 JAおきなわ八重山地区本部の照屋武美本部長は「ゴーヤはビタミンCなどが豊富な健康野菜。暑い夏を乗り切ってほしい」、生産者会の次呂久栄重会長は「ゴーヤは全国的に定着してきている」、ゴーヤー生産部会の東内原辰雄会長は「石垣島のゴーヤは今が旬」とそれぞれPRした。

地図
  • タグ: ゴーヤーの日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム