八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カジマヤー祝い盛大に 真栄里の武内孝吉さん

地域住民から祝福を受けるカジマヤーの武内孝吉さん=3日午前、石垣市真栄里

地域住民から祝福を受けるカジマヤーの武内孝吉さん=3日午前、石垣市真栄里

 数え97歳のカジマヤーを迎えた武内孝吉さん(95)=石垣市真栄里=の長寿を地域挙げて祝おうと真栄里公民館(仲山政之館長)は3日、とぅばらーまの碑から真栄里公民館までパレードを行った。武内さんは住民から「おめでとうございます」「あやからせて下さい」と声をかけられ、手を振って応えていた。

 武内さんは1920年3月10日生まれ。5年前に他界したトシさんとの間に2男1女をもうけ、孫7人、ひ孫11人に囲まれている。

 現役時代は畜産業を営み、平久保牧野組合の組合長をしたことも。現在は1人暮らしで、近くに住む次男の孝則さん(59)家族が見守っている。毎日、新聞に目を通すのが日課。

 パレードは、獅子を先頭に武内さんが乗ったオープンカー、親族が続き、マーチングバンド平真小レインボーが花を添えた。

 到着地の公民館には多くの住民が集まり、仲山館長は「孝吉おじさん、120歳まで体に気をつけて長生きしてください」とあいさつ。糸洲章副館長の音頭で万歳を10回繰り返した。

 武内さんは「どうもありがとう」と応えていた。

 長男の孝夫さん(65)=那覇市=は「足腰が弱っているが、いたって元気。本人も100歳まで生きると強い意志をもっている」、孝則さんは「3月にインフルエンザで入院したので心配したが、お祝いができてホッとしている」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム