八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「人が重要、協力を」 石垣島トライアスロン

石垣島トライアスロン大会2015へのボランティア参加を呼びかけた日本トライアスロン連合の西沢潤委員(右)と同大会事務局の新谷敦史氏=28日午後、八重山毎日新聞社

石垣島トライアスロン大会2015へのボランティア参加を呼びかけた日本トライアスロン連合の西沢潤委員(右)と同大会事務局の新谷敦史氏=28日午後、八重山毎日新聞社

西沢委員が進捗状況説明

 日本トライアスロン連合の西沢潤委員が28日午後、本社を訪ね、5月24日開催の石垣島トライアスロン大会2015のボランティアスタッフの申し込み受け付け状況や出場者数、コースや交通規制について説明した。一昨年の2013年大会以来2年ぶりに開催される今大会は市が主催から共催団体になる。西沢委員は「今回はゼロから1に進める大会。ボランティアなど“人”が重要。島のみなさんに協力していただき、成功させ次につなげたい」と意気込み、参加協力を呼びかけた。28日時点のエントリー選手は総勢774人。

 大会はコースも従来から大幅変更となり、同連合は、立哨員300人を含め、受け付けやエイドステーションなど少なくとも500人の確保を目指している。西沢委員によると「現在、ボランティアの市職員を加えて約250人」に止まっており、さらに募集活動を展開する方針だ。

 今回はワールドカップは行われず、一般のエイジとリレー部門のみ。1月に発表したコースに開通した野呂水の新県道、崎枝の出入りコースに修正を加えて決定。

 スイムは南ぬ浜町(新港地区)の人工海浜で1.5㌔、バイクは同所から崎枝の屋良部半島を回り市中央運動公園までの50㌔、ラン10㌔は同公園から県道87号を5㌔北上して折り返し、同公園でフィニッシュする。

 当日はサザンゲートブリッジの午前6時を皮切りにコースに含まれる各路線で全面や片側の交通規制が行われる。西沢委員は「地域住民をはじめ観光業界にも把握していただき、協力を」と語った。

 エントリー選手は、エイジ部門には郡内90人、外国人20人を含む561人、3人一組のリレーには71組213人。

  • タグ: 石垣島トライアスロン大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム