八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

野鳥も観光に一役 与那国

野鳥の観察を楽しむ愛好家=10日午前、田原川沿いの水田

野鳥の観察を楽しむ愛好家=10日午前、田原川沿いの水田

バードウオッチングがピーク
愛好家が100人以上も

 【与那国】国内でも有名な探鳥地となっている与那国島は4月からバードウオッチングの季節を迎え、野鳥の渡りに合わせて多くの野鳥愛好者が来島している。テレスコープをのぞき込んだり、望遠レンズを使って野鳥の姿を撮影したりする姿が、水田など島内各地で見られるようになっている。ピークは4月から5月にかけて。野鳥たちが島の観光に一役買っている。(比嘉盛友記者)

 

 ■まるで探鳥会

 10日午前、田原川沿いの農道でレンタカー5、6台が列をつくっていた。十数人が道路沿いにテレスコープを並べ、川向こうの水田を観察。どこかの団体が企画した探鳥会と思ったが、自然と集まりができていた。水田では、ホオジロハクセキレイがエサをついばんでいた。

 初めて来島したという日本野鳥の会東京支部所属の木村辰雄さん(79)は「わくわくする」と興奮気味、7度目という同長野支部の新井清雄さん(76)は「珍鳥を見るのが楽しい。見たことない鳥を撮影したい」と写真撮影に夢中。

 野鳥カメラマンの土方秀行さん(64)=神奈川県=は「きょうは、今シーズン初めてキガシラセキレイを確認できた」と、うれしそうだ。

 ■長期滞在が特徴

 野鳥観察で訪れる人たちは滞在日数が長いのが特徴で、与那国島に通って21年になるという土方さんの今年の日程は3月27日から15泊。「来島者の平均滞在日数は5日前後。今シーズンも100人以上が入ってくるだろう。野鳥が貴重な観光資源にもなっているのではないか」と話す。

 野鳥図鑑の「決定版 日本の野鳥650」(平凡社)で写真を担当した動物映像家の真木広造さん(66)=山形県=は約25年間通い続けており、多いときで年間100日以上滞在したことも。

 「与那国島は、台湾や大陸の野鳥が出入りするルートとなっており、大陸の珍鳥を見ることができる。本土ではめったに見られない野鳥も与那国島では普通。与那国島は魅力たっぷり」と説明してくれた。

 ■「共存共栄」

 一方、真木さんは「ここ数年、野鳥が減っている」と指摘、原因の一つとして田んぼの減少を挙げる。

 与那国町産業振興課によると、耕作できる水田は73㌶あるが、植え付け面積はここ数年、40㌶前後に落ち込んでおり、今期は水不足の影響でさらに減少する見通し。

 真木さんは「田んぼに水があるといろんな生物が湧いてくるが、休耕地だと雑草だらけになって鳥は降りて来なくなる。エサ場の環境がないと渡り鳥は素通りしてしまう。鳥と人間は共存共栄の関係にある」と話した。

  • タグ: 与那国島バードウオッチング
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム