八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「イヌ・ネコ捨てないで」 八重山保健所

職員に保護され、抑留されている雄の成犬=2日午後、八重山保健所

職員に保護され、抑留されている雄の成犬=2日午後、八重山保健所

繁殖・引越しシーズンで増加の恐れ

 春先は犬や猫の繁殖シーズン。生まれた子犬や子猫が捨てられるケースや引っ越しに伴ってペットを捨てる飼い主が増える傾向がある。八重山保健所では「飼い主は最後まで責任を持ち、捨てないでほしい」と呼びかけている。

 石垣市内では昨年4月から約2カ月間に捨て犬11頭と捨て猫1頭を確認。ほとんどが生まれて半年もたたない個体だったという。同保健所では、繁殖期で増えすぎて飼えなくなったり、引っ越し先の事情で飼えなくなったりして捨てている可能性があるとみている。

 今年3月には、同保健所の犬舎前の木に雄の成犬がロープでつながれたままになっているのを職員が発見して保護している。

 同保健所生活環境班の浅岡佑太主任は「放し飼いをさせないことも大事だが、出産の計画がなければ避妊や去勢手術をすることも重要。猫についても室内で飼うようにしてもらいたい」と話す。

 動物の遺棄は「動物の愛護および管理に関する法律」で100万円以下の罰金が科せられる。保健所での犬の抑留期間は5日間。期限を過ぎると、南城市の動物愛護管理センターに送られ、譲渡や殺処分などの措置が取られる。

 同保健所では2014年度、犬131頭を捕獲・引き取り、猫29頭を引き取っている。

  • タグ: 犬や猫八重山保健所
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム