八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カジキ、港にズラリ 与那国

与那国島のカジキ漁は冬場の最盛期も終盤。久部良漁港には毎朝、カジキが並ぶ=22日午前

与那国島のカジキ漁は冬場の最盛期も終盤。久部良漁港には毎朝、カジキが並ぶ=22日午前

最西端の海で続々水揚げ

 【与那国】カジキ漁が終盤を迎えている。久部良漁港には連日、町漁協(嵩西茂則組合長)の組合員が水揚げしたカジキが並び、職員らが出荷の準備に追われている。同漁協によると、カジキ漁は11月から翌年3月までがピーク。多い日は20—30本が揚がるという。

 町漁協によると、今年のカジキの水揚げは3月15日までの2カ月半で、585本合わせて44.4㌧、取引額は4098万円。前年同期を58本(11.0%)合わせて4.9㌧(12.4%)、490万円(13.6%)上回っている。

 カジキは箱詰めし、1日4便運航している与那国発の航空機で出荷。1便に積載できる最大の箱数は90㌔詰めで4箱、180㌔詰めで2箱。約9割は熊本県に出荷され、委託業者によりセリにかけられる。

 現在、与那国発着の空の便は混み合っており、重いダイビング機材を持った観光客が乗り込む場合には、貨物の積載量が制限される場合もあり、同漁協では船便で送ることもある。

  • タグ: 与那国島カジキ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム