八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ソラシドが那覇便就航 「運賃安く」利用客が感心

石垣—那覇路線で29日から運航を開始したソラシドエア機=29日午後、南ぬ島石垣空港

石垣—那覇路線で29日から運航を開始したソラシドエア機=29日午後、南ぬ島石垣空港

 ソラシドエア(スカイネットアジア航空、SNA、髙橋洋代表取締役社長、本社宮崎市)は29日、石垣—那覇路線に参入した。ボーイング737—800型(174席)で1日2往復4便の運航を行っており、初日は688人が利用した。

 同社は新規就航を記念して4月26日から6月30日まで、28日前予約の運賃を4800円に設定。このほかの14日前で7000円、3日前で8200円。当日購入可能チケットは、県の沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業が適用され、1万500円となっている。

 ソラシドの運航は、一部座席を全日空(ANA)がANA便として販売する共同運航方式のコードシェア便。これに伴い、ANAは石垣—那覇間を8往復16便から6往復12便に減便した。

 70代の地元男性客は「離島の人にとっては運賃の低減以外に望むことはない」、会社役員の男性(37)は「スカイマークの撤退でどうなるか心配していたが、ソラシドが入ってきたので安心した。増便してもらえるとありがたい」と話した。

 就航日のセレモニーで、髙橋社長は「那覇に参入して6年目で石垣に足跡を記すことができた。少しでも安く、安心して利用できるようにしたい」とあいさつ。中山義隆市長は「九州南部でプロモーションを行い、客の掘り起こしをしていきたい」と述べた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

ページ移動

キーワード検索フォーム