八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

平均1000~2500円アップへ 子育て新制度

27125.png

石垣市 保育園の月額保育料

 4月からスタートする子ども・子育て新制度に伴い、石垣市は26日までに、公立・認可保育園の2015年度月額保育料を決定した。市町村民税の所得割額に応じ、生活保護世帯を含め12階層に区分、3歳未満(3号認定)は0~4万9600円、3歳以上(2号認定)は0~3万2600円の範囲で設定した。市児童家庭課によると、各階層平均で現行から1000~2500円のアップとなる。小学校就学前の子どもが2人以上いる世帯では第2子が半額、第3子以降が無料。

 市が設定した保育料は、公費負担の給付金が支給される公立・認可・小規模・事業所内(地域枠)の保育園が対象。

 これらの保育園は、給付金と利用者負担の保育料で運営され、給付金については国4分の2、県4分の1、市町村4分の1の割合で負担する。

 保育料は、国が公定価格で基準を定めており、公定価格より低く設定すればするほど市町村負担が増える仕組み。

 市は公定価格や県内10市の保育料を参考に保育料を設定した。国が定めた8階層を独自に12階層に細分化して利用者負担の軽減に努めたが、県内他市と同様、現行保育料を上回ったという。

 新制度では年齢区分も、現行の3歳児未満、3歳児以上、4歳児以上の3区分から、3歳児未満、3歳児以上の2区分に変更される。

 就労形態によって保育時間も変わり、月120時間以上就労する保護者の場合で最長11時間、64時間以上120時間未満の就労では最長8時間となっている。

 市は4月中旬以降、入所が内定した保護者に対し、入所決定とともに保育料を通知する。

 保育料については9月、2015年度の市町村民税額に基づく保育料に改定される。

  • タグ: 保育料
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム