八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

最西端の地から海開き宣言 与那国ナーマ浜

テープカットの後、一斉に海に飛び込み、初泳ぎに歓声を上げる子どもたち=22日午前、与那国町久部良ナーマ浜

テープカットの後、一斉に海に飛び込み、初泳ぎに歓声を上げる子どもたち=22日午前、与那国町久部良ナーマ浜

海のシーズン到来 初泳ぎなど満喫

 【与那国】日本一早い夏の到来を告げる「日本最南端!八重山の海びらき」(八重山ビジターズビューロー主催)が22日午前、与那国町久部良ナーマ浜で行われ、久部良小中学校の児童生徒が元気いっぱい海びらきを宣言した。会場には大勢の子どもたちや観光客が訪れ、初泳ぎや海上収穫祭などを楽しみ、一足早い夏の海を満喫した。今後1年間、八重山観光のPR役を務めるミス八重山の発表もあった。(8面に関連)

 この日は薄曇りで、あいにくの空模様。最高気温は21.5度(午後2時57分)までしか上がらず、風もあったため、肌寒さを感じる海びらき。午前11時すぎに安全祈願が行われた後、祖納青年会の伝統芸能「ミティ唄」で幕開けした。

 八重山ビジターズビューロー会長の中山義隆石垣市長は「八重山の海の行事やマリンレジャーがこの1年、無事故で快適なシーズンであるよう祈念する」とあいさつ。久部良小中学校の児童生徒が「日本最西端のビーチ、ナーマ浜より2015年の海びらきを宣言する」と元気いっぱいPRした。

 関係者のテープカットの後、初泳ぎがスタート。子どもたちや観光客が一斉に海に入り、あちこちで水しぶきや歓声が上がった。

 特設ステージでは、祖納青年会が棒踊りや舞踊を披露したほか、与那国島出身の与那覇歩さんが民謡ライブ、「フラオハナ ピハハウオリ」がフラダンスを繰り広げた。

 浜辺ではビーチ宝探しも行われ、埋まっている宝(球)を子どもたちが夢中になって探し、景品をもらって大喜び。

 自転車が当たった永岡波音ちゃん(3)=与那国町祖納=は「うれしい。初泳ぎは寒かった」と感想。母親の美帆さん(29)は「石垣島まで行かないと自転車は手に入らないのですごくうれしい。もう少し大きくなったら乗せたい」と笑顔で話した。

 初泳ぎを楽しんだ与那国小6年生の譜久嶺和沙君(12)は「寒くて水温も冷たかったが、泳いでいるうち

  • タグ: 海びらき与那国島
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム