八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

収集写真をネットで公開へ 市史編集課

「八重山写真帖」などの写真が公開されている市史編集課のホームページ。7月には石垣市史デジタル資料室を立ち上げ、さらに内容を充実していく=20日午後

「八重山写真帖」などの写真が公開されている市史編集課のホームページ。7月には石垣市史デジタル資料室を立ち上げ、さらに内容を充実していく=20日午後

新たな観光資源として活用

 石垣市史編集課は市史編集事業で収集してきた写真やネガなど約7万5千点をデジタル化し、ネット上で公開する作業を進めている。これまでに刊行した「石垣島の風景と歴史」「八重山写真帖」の写真はすでに公開しており、7月に新たに立ち上げる「石垣市史デジタル資料室」でさらに内容を充実させていく。同課の松村順一課長は「新たな観光資源として活用が図れると思う」と話している。

 「石垣市史デジタル資料室」では、「石垣島の風景と歴史」「八重山写真帖」以外にも▽石垣市の街角風景▽石垣島の御嶽・拝所▽石垣島の名所・旧跡▽八重山古地図展ーなどのカテゴリーに分け、それぞれ写真を見られるようにする。カテゴリー外の写真についても「石垣市史のアルバム」で検索できるよう整備していく。

 松村課長は「写真は申請すれば使用できるようになっており、いろんな場面で使われることで石垣島のPRにつなげられる」と期待。

 また、同課では八重山関係の写真を集めていることから、「これを機に提供したいという人が増えてくれれば、より充実したものになっていくと思う」と述べた。

 事業期間は2012年度から16年度までの5年間。14年度までに4万点をデジタル化し、残りの3万5千点を15、16年度で行う。事業費は3615万円。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム