八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カピバラ 県が有害鳥獣指定

水田を移動するカピバラ=18日午後1時ごろ、石垣市名蔵大田原(豊川善一さん提供)

水田を移動するカピバラ=18日午後1時ごろ、石垣市名蔵大田原(豊川善一さん提供)

稲を食い荒らす
市、猟友会と連携し捕獲へ

 全国ネットでも放送された「稲を食べるカピバラ」。観光施設から逃げ出したとみられ、石垣島の温暖な環境下で野生化し、稲を食い荒らしている。市の申請で県が18日付で有害鳥獣に指定したのを受け、石垣市は猟友会と連携し、カピバラの捕獲に乗り出す。

 カピバラは南米アマゾン川に生息するネズミの仲間で、体長1・3㍍、体重60㌔以上に成長する地球上に存在する最も大きいネズミといわれる。

 野生化しているカピバラは名蔵地区に生息しているとみられ、現地の水田で水稲に被害が出ている。

 名蔵大田原に水田がある豊川善一さん(75)=登野城=は18日午後、水田でカピバラを発見。「最初はイノシシかと思った」というほどの大きさだったといい、3本指の足跡と刈り取った跡のように食べられた稲を確認した。「浅いところが歩きやすいのか、食われた所は全部浅いところ」と順調に育った稲の被害に肩を落とす。

 先月、植え付け前の稲が被害に遭った上地国博さん(74)は「稲は植え付け後40~50日で根切りのために水を抜く。水田が乾いた状態の時にカピバラにやられると致命的」と話した。

 市農政経済課によると、カピバラはこれまで有害鳥獣の指定外。被害農家から捕獲依頼があったが、対応できずにいた。

 だが、野生化し、農作物に被害が出ている現状を受け、県が有害鳥獣に指定したことで、1年間捕獲が可能になった。

 市はクジャク用の箱わななどで捕獲を計画。九州でカピバラを飼育している施設から習性や好物などを聞き、準備を進めている。だが「クジャク用のわながカピバラにどこまで有効なのか分からない」(市担当者)としている。

 八重山保健所では「捕獲の設備やノウハウなど協力できる所はある」と市からの協力要請があれば応じる構え。捕獲した場合、島外の施設が引き取りを希望している。

 カピバラは移動すると捕獲が難しくなるだけに、稲の根切り時期も合わせ、早めの捕獲が待たれる。

  • タグ: カピバラ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム