八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

過去最高の260億円余 2015年度一般会計予算

2015年度一般会計予算

2015年度一般会計予算

597事業の経費盛り込む

 16日の3月定例石垣市議会(知念辰憲議長)で可決された2015年度一般会計予算は、過去最高の260億6760万円となっている。前年度予算から13.2%(30億4808万円)の大幅増。旺盛な財政需要に、財政調整基金から5億117万円を繰り入れるなどして対応した。予算には一括交付金46事業を含む597事業の経費が盛り込まれている。

 歳入は、前年度と比較して市税、国庫支出金、県支出金、市債を増額、地方譲与税や地方交付税を減額した。自主財源の根幹をなす市税は47億4353万円(前年度比5.7%増)を見込む。

 歳出では、民生費が99億692万円(同12.6%増)で全体の38%。生活保護世帯、障がい者、高齢者に対する扶助費のほか、子ども子育て支援制度に伴うハード・ソフトの事業費が増加した。

 教育費は35億4599万円(同60.4%増)で最も大きな伸び。2カ年計画の登野城小学校校舎新増改築事業に14億円余を盛り込んだ。

 衛生費も、火葬場建設事業費約7億円が加わったため、27億7653万円(39.1%増)と教育費に次いで大きく伸びた。

 性質別の歳出状況をみると、人件費や扶助費、扶助費の義務的経費が130億6235万円(前年度比1.1%増)。前年度から微増となったものの、全体に占める構成比は、予算総額が大きく伸びたため、前年度の56.1%から50.1%に縮小した。

 建設事業などに充てる投資的経費は48億9641万円(同136.9%増)と約2.4倍。学校や火葬場などの建設事業が主要因。

  • タグ: 一般会計予算石垣市議会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム