八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

アクエリアス号が寄港 台湾-石垣間

今年初寄港したスタークルーズ社のスーパースター・アクエリアス号から続々下船し、市内観光に繰り出す乗客ら=16日午前、石垣港F岸壁

今年初寄港したスタークルーズ社のスーパースター・アクエリアス号から続々下船し、市内観光に繰り出す乗客ら=16日午前、石垣港F岸壁

今年の運航開始 観光客ら島内観光楽しむ 12月まで87回予定

 スタークルーズ社のスーパースター・アクエリアス号(5万1039㌧、乗員700人)が16日午前、石垣港に今年初寄港、台湾―石垣間の運航を開始した。今年は運航開始が前年より1カ月早く、期間も3カ月延長され、12月までに計87回の寄港を予定している。石垣市観光文化課によると、寄港回数増は中国大陸への運航が取りやめになったため。石垣港には昨年、4-10月の間に計57回寄港、乗客は過去最多の8万3259人に上っており、今年はこれを上回りそうだ。

 ア号はこの日午前10時40分ごろ、台湾人観光客ら1399人を乗せ、那覇から石垣港に到着。上陸した観光客はバス11台に分乗して川平湾などの観光地を巡るツアーに向かったほか、フリーの乗客は案内デスクで経路を確認してタクシーなどで市内に繰り出した。

 10回以上の来島経験があるという50代の陳紫雪さんは「今回は新空港を見てみたい。これまでにも島内の観光地を回った。川平湾が印象的だが、以前より景観が崩れているような気がする」と話した。

 石垣市は同日正午から歓迎セレモニーを行い、ミス八重山星の砂の遠藤南さんがペダー・ニルソン船長らに花束を贈呈した。

 漢那政弘副市長は「今年は期間を延長し、寄港回数を増やしてくれたことに感謝する。昨年、過去最高の観光入域客を記録したが、海路は貴船が多くを占めている」と歓迎。

 ニルソン船長は「乗客は石垣島の観光を楽しみにしている。寄港回数が増え、来島の機会が増えたことをうれしく思う」と述べた。

  • タグ: アクエリアス号
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム