八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「行政の大罪」と思うことがある。石垣市…

 「行政の大罪」と思うことがある。石垣市都市計画の公園整備計画だ。事業がスムーズに進めば何も問題ない。ところが、いつから工事が始まるのか、メドすらつかないのでは、地権者はたまらない▼街中の公園で、子どもたちやお年寄りが散歩したり、軽スポーツを楽しんでいる光景はほほ笑ましい。失いつつある隣近所とのコミュニケーションの場にもなる。都市計画法に基づく公園整備は歓迎▼しかし公園計画の決定通知を受けた地主はどうか。自分の土地ながら法的制限がかけられ、事業が始まるまで、簡易施設を建てることしか許されない。数十年も待たされたあげく、死去した人もいるだろう▼先日の市議会でこの問題が取り上げられ、都市計画決定公園25カ所のうち、14カ所が長期間未着手のままということが分かった。予算の確保ができなければ、さらに整備計画は延びるし、「100年待たされるか」とやゆされても仕方ない▼「財産権の侵害」との訴えで、真喜良第二団地東側の都市計画緑地帯が解除されたことがある。この場合、同等の面積の代替え緑地を確保して指定を解除、現在は住宅地になっている▼市議会での指摘に、市は変更の検討意思を示したが、要は公園を本気で整備する気があるか、ないかだ。役所は担当者が変わる。解除するのは解除、必要なのは整備すべきだ。(黒島安隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム