八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

イネヨトウ一斉防除 石垣島で初

トラップにかかったイネヨトウの成虫

トラップにかかったイネヨトウの成虫

フェロモンチューブの設置方法について説明を受ける農家ら=15日午前、バンナ公園北口北方

374㌶で実施 次年度で全域カバー

 サトウキビの病害虫イネヨトウ(メイチュウ類)を交信かく乱法によって防除する一斉作業が15日、崎枝、名蔵、嵩田、開南、於茂登の5地区計374㌶で行われた。県の一括交付金を活用して石垣市イネヨトウ防除対策本部(本部長・多宇弘充石垣島製糖㈱農務部長)が初めて実施。残る箇所を次年度で実施し、全域に拡大する。農薬による従来の防除法と併用することで被害の軽減を図る考え。生産農家は「防除しないと被害が拡大する」と話している。

 イネヨトウは、サトウキビの若さやと茎の隙間に産卵。ふ化した幼虫がサトウキビの茎内を食害し、芯枯れ、折損などの被害を引き起こす。県内で広く確認されている。

 フェロモンを使った交信かく乱法は、雌のフェロモンでオスを誘引、交尾する機会を減らして幼虫発生の密度を抑える防除法。すでに効果は実証されており、県八重山農林水産振興センター農業改良普及課によると、八重山ではこれまでに波照間、与那国、西表東部のキビ畑全域で実施した。

 この日の一斉防除には県、市、農協、石垣島製糖、生産農家ら70人が参加。各班に分かれ、フェロモンの入ったひも状のチューブを、ほ場の周囲に立てた竹の支柱にくくりつけた。総延長7万4800㍍のチューブを設置、3~4カ月間、効果があるという。

 10㌶でサトウキビを生産する伊敷繁光さん(66)=名蔵=は「根元に幼虫が入った所から上が枯れてしまう。被害は大きく、一斉防除はありがたい」と効果に期待。

 多宇本部長は「サトウキビの増産には、イネヨトウなど病害虫の防除は避けて通れない。来年度で全域をやっていく。農家の力が必要だ」と話した。

  • タグ: イネヨトウサトウキビ病害虫
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム