八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

初のふるさと親子競演

紅型両面染めについて説明する玉那覇有公さん(左)と有勝さん=14日午前、南の美ら花ホテルミヤヒラ内「芭蕉亭」

紅型両面染めについて説明する玉那覇有公さん(左)と有勝さん=14日午前、南の美ら花ホテルミヤヒラ内「芭蕉亭」

玉那覇有公・有勝さん
紅型作品約50点を紹介

 石垣市出身で重要無形文化財保持者(人間国宝)の玉那覇有公さん(78)=読谷村=と、次男で日本工芸会正会員の有勝さん(46)の紅型作品を集めた「親子の絆展」(主催・染織工芸サロンとものや)が14日、南の美ら花ホテルミヤヒラ「芭蕉亭」で始まった。

 親子での展示会は初めて。親子そろって会場に姿をみせ、有公さんは「作品展はめったに開催できないので、こういう機会に紅型染めを見てもらいたい」と話し、有勝さんは「父の生まれ島で催しができることを光栄に思う」と喜んだ。

 会場には着物、帯、反物など約50作品が紹介され、中でも有公さんの「山いちごの花」とタイトルの付いた紅型両面染めの着物が目を引いている。

 とものやの加藤伴子代表は「両面染めは1枚しかないというので玉那覇さんの協力で展示してもらった。めったに見られない作品なので、ぜひ多くの方に見てもらいたい」と話した。

 同展は16日まで。午前10時〜午後6時まで開催されている。無料。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム