八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

五輪代表が合宿に合流 アーチェリー

アーチェリー石垣島合宿で練習に汗を流す広島県チームの選手ら=14日午後、サッカーパークあかんま

アーチェリー石垣島合宿で練習に汗を流す広島県チームの選手ら=14日午後、サッカーパークあかんま

きょう開催の大会にも参加

 アーチェリーのロンドン五輪日本代表の菊地栄樹選手(29)=エディオン=や石津優選手(27)=デリカウイング=、昨年の全日本選手権で最年少優勝を果たした河田悠希選手(佐伯高等学校2年)などが所属する広島県チームの選手21人が14日、サッカーパークあかんまで合宿中の日本体育大学学友会アーチェリー部(藤本浩総監督)の合宿に合流した。

 菊地、石津の石垣島合宿は初めて。16日まで合宿に参加し、同チームは15日にあかんまで開かれる第4回石垣市長杯石垣島大会に出場する。

 菊地は「風が思ったより強いが、暖かくて練習には最適」と話し、石津は15日の大会に向けて「よい成績を残せるようにしたい」と抱負を語った。

 昨年に続き2度目の参加となる河田は「自分に何が足りないか、大学生の人たちの練習から学びたい」と意欲をみせた。

 また、石津らは、この日、グラウンドで練習していた八重山アーチェリー協会の立津琉人君(崎枝小4年)と、玉城寿来人(じゅきと)君(平真小6年)に特別指導も行った。

  • タグ: アーチェリー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム