八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

最高値を更新 3月セリ

27030.八重山黒島.jpg

八重山家畜市場は平均56万円超

 八重山家畜市場と黒島家畜市場の3月のセリが13、14日に行われ、子牛価格は八重山が56万円台、黒島が55万円台の過去最高となった。両市場で976頭が上場、すべての取引が成立した。販売総額は5億2251万円だった。

 八重山家畜市場では2日間行い、817頭が取引され、販売額は4億4131万円。子牛価格は2日間平均56万930円で、前月を1万2253円上回り、初めて56万円を超えた。

 最高価格は雄が81万3240円(14日)、系統は父・徳悠翔、祖父・安福久。雌は65万8800円(同)で、系統は父・安福久、祖父・平茂勝だった。

 13日の黒島家畜市場では159頭が取引され、販売額は約8120万円。子牛の平均価格は1月の初セリを2万509円上回る55万5859円の高値だった。

 子牛の最高価格は雄が76万5720円、系統は父・寿勝平、祖父は安福久。雌は70万2000円で、父・美津照重、祖父・勝忠平。

  • タグ: 家畜セリ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム