八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「日本一への土台つくりたい」 アーチェリー

5年目の石垣島合宿をスタートさせた日体大学友会アーチェリー部の部員ら=13日午後、サッカーパークあかんま

5年目の石垣島合宿をスタートさせた日体大学友会アーチェリー部の部員ら=13日午後、サッカーパークあかんま

日体大、5年目の石垣合宿

 アーチェリーの強豪、日本体育大学学友会アーチェリー部(藤本浩総監督)の合宿が13日からサッカーパークあかんまで始まった。同部の石垣島合宿は5年連続。今年は20日まで続く。

 合宿には、新入生を含む男女40人が参加。久々の晴れ間から時折小雨が降る中、30—70㍍離れた的に向けて弓を引いた。

 平野佑樹主将(3年)は「この合宿でチームが一丸となり、団体戦日本一を勝ち取れる土台をつくりたい。地域の子どもたちがアーチェリーに触れ合える活動も行い、石垣島の競技普及につなげたい」と語った。

 藤本総監督(47)は「石垣島から新たなシーズンをスタートさせ、部員は技術や人間性の面でも成長してほしい。4月には関東リーグが始まるので照準を合わせたい」と意気込んだ。

  • タグ: アーチェリー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム