八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

18日夜に爆破処理 旧空港の不発弾

避難半径及び警戒配置図

避難半径及び警戒配置図

事業所など4カ所避難対象

 石垣市は旧石垣空港跡地で発見された米国製250㌔と50㌔爆弾2個の処理について話し合う第2回不発弾処理対策協議会を12日午後、市健康福祉センターで開き、18日午後10時から19日午前2時まで現地で爆破処理を行うことを決めた。

 現場から半径288㍍の避難区域が設定され、市消防本部と事業所3カ所が避難対象となるほか、18日午後8時20分から付近の交通規制が行われる。

 爆破処理は周囲を高さ6㍍の強固な防護壁で覆った処理壕(ごう)で、信管を離脱し、近くに掘った穴に埋めて爆破処理する。

 作業開始時間は天候などで航空機最終便の離着陸の状況により、早まる可能性もある。

 市は現地対策本部(本部長・中山義隆市長)を設置して対応に当たる。

 処理作業は当初、19日午前3時40分から交通規制を行うことにしていたが、2個目の不発弾が発見されたことで処理時間を前倒しすることを決めた。

  • タグ: 不発弾旧石垣空港跡地
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム