八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重農生ら台湾で研修 蘇澳鎮の水産学校を見学

台湾蘇澳鎮の国立蘇澳高級海事水産職業学校で、同校の生徒と交流した八重山農林の生徒たち=10日、同海事水産職業学校(小笹俊太郎石垣市台北駐在員提供)

台湾蘇澳鎮の国立蘇澳高級海事水産職業学校で、同校の生徒と交流した八重山農林の生徒たち=10日、同海事水産職業学校(小笹俊太郎石垣市台北駐在員提供)

 【台湾】初の研修旅行で9日から3泊4日の日程で台湾を訪れている八重山農林高校の2年生22人は10日、石垣市の姉妹都市・台湾蘇澳鎮の国立蘇澳高級海事水産職業学校を訪問。養殖技術や溶接技術、食品製造などの授業を見学した後、同校観光学科の生徒と共同で台湾名物の「タピオカミルクティー」などの調理実習を行った。

 歓迎セレモニーでは声楽や柔道、ポップダンスの演舞で熱烈な歓迎を受けた後、お互いに写真を撮り合ったり、無料通話・メールアプリ「LINE」の連絡先を交換し、自由に交流を楽しんだ。

 八重山農林高校の慶田花夏実さん(17)は「自分たちと違う分野だけど頑張っていると思った。日本語で話しかけてくれるので驚いた」と感想を話した。

 一行はまた、蘇澳鎮役場に昨年12月に新しく就任した陳金麟鎮長を表敬。陳鎮長は「今年は石垣市との姉妹都市締結20周年の節目。このような交流ができて非常にうれしい」と歓迎した。

 今回の交流は陳鎮長就任後、初の国際交流事業として高い関心を集め、地元テレビや新聞でも交流の様子などが報じられた。

 生徒たちは那覇空港経由で12日午後3時5分に空路帰島する。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム