八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市指定文化財「電信屋」 保存修復方法検討へ

保存状態が悪化している電信屋。市教委が保存・修復の方法を検討する=2014年11月30日

保存状態が悪化している電信屋。市教委が保存・修復の方法を検討する=2014年11月30日

市教委

 1895年の日清戦勝終結後の1897年、本土と台湾間の海底電線の中継地として屋良部半島の海岸沿いに整備された元海底電線陸揚げ施設、通称「電信屋」の保存の状態が悪化していることから、石垣市教育委員会が保存や修復の手法を検討することになった。

 石垣市議会で11日、砥板芳行氏が一般質問で「経年劣化で建物は朽ち果てる寸前」として対応を求め、成底啓昌教育部長が「延命措置が必要と感じている。外観を変えることなく、修復するという難しい問題もあるため、どのような手法が効果的か専門家の指導も仰ぎながら研究していきたい」と答弁した。

 電信屋は1905年の日露戦争時、宮古島の漁師5人「久松五勇士」がサバニをこいでロシアのバルチック艦隊発見の一報を知らせたところ。太平洋戦争時は、米軍の攻撃の対象となり、銃撃痕が残っている。

 砥板氏は「今年は戦後70年、平和学習の場、近代日本の歴史を学ぶ場として修繕が必要だ」と要望、成底部長は「平和教育にも生かせる場所。活用されるべきだと考える」と述べた。

 電信屋に通じる市道の管理についても石垣雅好建設部長は「昨年夏に除草作業をしているが、その後は十分な管理が行われておらず、早急に対応したい」とした。

 電信屋は1986年、市の文化財に指定されている。

  • タグ: 電信屋市指定文化財
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム