八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

認可保育園、定員480人増の見込み 石垣市

2015年度の施設整備で定員が480人増加する見通しとなっている認可保育園。待機児童解消が進むことになる=9日午前、みやら保育園

2015年度の施設整備で定員が480人増加する見通しとなっている認可保育園。待機児童解消が進むことになる=9日午前、みやら保育園

7園で施設整備を計画 補助金計上、待機児童解消を加速

 石垣市は、保育園7園の施設整備に対する補助金として、2015年度一般会計予算案に9億1086万円を盛り込んでいる。認可園の新設や認可化移行に伴う補助で、予算案が可決され、同年度で施設が整備されれば、16年度の認可園の定員は480人の増となる見込み。公立保育所を合わせた定員は約1780人に拡大し、待機児童の解消が進むことになりそうだ。

 児童家庭課によると、15年度は認可保育園2園が第2保育園を開設、1社会福祉法人が新設、事業所内保育施設を含む認可外保育園4園が認可化を計画している。これに伴う施設整備の補助を予定している。

 このうち、宮良地区にある社会福祉法人藁算福祉会みやら保育園(宮良實守理事長・園長、園児85人)は、宮良小学校西側の旧園舎で定員60人の第2保育園の整備を計画する。

 宮良地域以外からも入園希望のある同園は、現定員枠で対応できない状況となっており、宮良園長は「第2保育園ができれば、入園希望に応えられるのではないかと思う。市の協力を得ながら、地域全体で子どもたちを受け入れられるようになれば」と期待する。

 新設を予定している社会福祉法人(現在設立手続き中)の関係者は「新設により待機児童の解消につなげたい」としつつ、保育士の確保を課題に挙げる。

 保育園の新設や認可化に伴い、保育士の確保が必要になることから、市は、島外から赴任する保育士らの渡航を助成する費用として520万円、資格取得を助成する費用として63万円を15年度予算案に計上している。これらを活用して人材確保に努める考えだ。

  • タグ: 認可保育園
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム